足立区の屋根 外壁リフォーム専門店
合同会社テット・ワン

ホーム ブログ 足立区 外壁の塗り替え時/付帯部も一緒に塗装が一般的

足立区 外壁の塗り替え時/付帯部も一緒に塗装が一般的

足立区の屋根・外壁リフォーム専門店
テット・ワンです。

一般的には外壁塗装の際に付帯部(破風板・霧除け・雨戸・雨樋・水切りなど・・・)を一緒に塗装します。
付帯部を塗装するのには足場をかけなければ出来ない箇所もあるため、外壁塗装で足場をかける際に一緒に塗装する事をお勧めいたします。一緒にすることにより費用を抑える事が出来ます。

また、外壁だけを塗装すると、付帯部の汚れや傷みが特に目立ってしまい美観を損なってしまいます。

~付帯部塗装~

破風板塗装

屋根の破風板の塗装。破風板は紫外線や風を受けやすいため、メンテナンスが必要です。破風板が劣化すると水を吸収し、その部分が膨張します。
その部分が変形し歪んでくると隙間から水が入り軒天や屋根裏に水が入り雨漏りが繋がります。

雨樋塗装

耐久性を高めるためと美観を保つために雨樋の塗装メンテナンスは必要です。 雨樋を塗装せずに放っておくと、耐久性が低くなって割れやすくなったりサビやすくなります。破損してしまうと、交換が必要になり費用が高くなります。

霧除け塗装

霧除けとは、窓などの上に設置された小さな屋根のようなものです。霧除けは目立たない存在ではありますが毎日の快適な暮らしに大きく役立っています。
霧除けのおかげで雨の日でも窓を開けられたり、強い日差しが室内に入ってこないようにするなどの役割があります。また霧除けがあるだけで窓や玄関に直接雨も当たらず汚れも付きにくくなります。劣化すると排水性が低下し雨漏りに繋がったりします。

水切り塗装

水切りは、外壁と土台基礎の間に取り付けられている金物のことをいいます。
基礎に雨水が直接当たったり床下へ漏水したりすると、床下に湿気がこもり、床下の湿気はシロアリの被害に遭うリスクを高めます。水切りはこのようなトラブルを防止する重要な役割があります。
水切りの素材は金属が使われています。素材が薄いため、サビや傷などを放置しているとすぐに穴が空いてしまいます。
劣化がひどくなるまえにメンテナンスしましょう。

笠木

笠木とは、いわゆるベランダの手すりなどが付いている部分のことです。ベランダの笠木(かさぎ)はベランダ外壁の上部に取り付けられた部材のことで、板金がかぶさっています。笠木があることによって、雨が外壁の中に入らないようになっていますのでがベランダの外壁にはほぼ100%笠木が取り付けられています。
笠木部分は紫外線を触接うけるので劣化もしやすく、劣化すると雨があたり内部へ水が浸入しやすくなります。

0120-910-660