足立区の屋根 外壁リフォーム専門店 合同会社テット・ワン

瓦屋根の漆喰の塗り替えで屋根の寿命を延ばしましょう

こんにちは。
足立区の屋根・外壁リフォーム専門店
合同会社テット・ワンです。

漆喰は、昔から使われてきた非常に歴史のある建材ですが、現在でも幅広く使われています。

日本の漆喰は消石灰を主成分とした建材で耐水性と耐火性に優れています。


日本伝統の屋根と言えば瓦屋根ですね。日本の風情を感じさせてくれます。瓦屋根にも漆喰が用いられています。


屋根の漆喰は棟(むね)と瓦の間の隙間を埋めるコーキング剤のような役割を果たし、瓦が滑り落ちないように敷いてある屋根の葺き土(ふきつち)を雨風から守る役割があります。

漆喰の寿命

屋根漆喰の寿命は15〜20年と言われております。しかし、風・雨・または地震や台風などの自然災害により早く劣化する場合もありますので定期的なチェックが大切です。

漆喰補修の工事はしっかりした業者に依頼することが、漆喰の寿命を左右します。技術を持ち合わせた職人による漆喰補修が屋根を長持ちさせます。
屋根の漆喰補修には高い技術力を要します。

漆喰の劣化

お住いには外壁や軒天・雨樋・バルコニーなど様々な部位がある中で、屋根を見る機会はなかなか無いと思います。
屋根は見えにくいため、傷みが出ていても気が付きにくい箇所になります。
屋根の点検やメンテナンスを一度もしていない場合は、まず、点検を行なう必要性があります。

屋根の点検は危ないので業者さんへ依頼することをおすすめします。

漆喰が劣化してくると黒ずんできたり、剥がれ落ちてきたりします。

黒ずみは、漆喰に生えているカビやコケが原因です。
これらのカビやコケは、一度生えてしまうと漆喰の中に根を張って、漆喰の表面についた雨水をどんどん吸い上げてしまいます。
そうするとカビやコケを繁殖させてしまい、漆喰の劣化はさらに進んでしまいます。

屋根の寿命を延ばすには漆喰のメンテナンスが大切です

漆喰が劣化してくると工事が必要になりますが、漆喰のリフォームは3つに分けられます。

  • 漆喰の塗りなおし
  • 棟の積み替え
  • 棟の積みなおし

棟の積み替えは既存の瓦屋根を一度剥がしてから棟を作り直します。それに比べ棟の積みなおしは新しい瓦を使用して棟を作り直すので費用も掛かります。
漆喰の塗りなおしは既存の漆喰を剥がしてから葺き土の表面に新たに漆喰を塗ります。工期や工事費用が抑えられるのが特徴です。

定期的な調査をすることにより、漆喰の塗りなおしで屋根を補修できるので費用も抑える事ができます。

漆喰補修工事の様子(動画)はこちら

漆喰の事ならお気軽にお問合せください。
調査の上、漆喰劣化状況をみてメンテナンスがいつ頃必要かなどのアドバイスもさせていただきます。

0120-910-660