足立区の屋根 外壁リフォーム専門店 合同会社テット・ワン

屋根・外壁の現地調査(築15年) -足立区-

こんにちは☆
足立区の屋根・外壁リフォーム専門店
合同会社テット・ワンです😉

足立区のK様邸🏡  築15年のお住いです。

戸建て 築15年

先日現地調査をさせていただきました😄

気になる箇所がたくさんありました。

外壁のひび割れ

外壁の所々にひび割れが確認できました😯

~ひび割れの主な原因~

・外壁塗装の経年劣化
・外壁塗装の施工不良
・車や電車などの振動
・地震
・住まいの構造の問題など

ひび割れが大きくなると、次第に雨水が浸入するようになります。外壁材に雨水が浸み込めば、外壁材はどんどん劣化し傷んでいきます。さらに、躯体にまで雨水が浸入してしまうと、雨漏りが起こる可能性が高まるほか、カビやシロアリなどが発生してしまうこともあります。
ひび割れは放置するほど、進行して幅も広がっていき、ますます雨水が浸入しやすい状態となる可能性が高いです。

ひび割れが幅0.3mm以上の場合は、早めに補修をすることをオススメします。

外壁の目地の劣化

目地の劣化


目地が劣化し痩せてきているのが確認できました😯

~目地の劣化の主な原因~

・雨水や紫外線による劣化
・建物の伸縮のズレでの衝撃

サイディング外壁は何年も紫外線を浴び続けると、表面に塗られていた塗料が劣化して防水効果を失い、水を弾かなくなります。

目地は膨張したり収縮したりする動きを繰り返して、少しずつ負荷がかかり、ひび割れが発生します。

コーキングの亀裂から雨水が侵入して壁の内側に水が入り込み外壁の劣化につながります。

塗装をする前に既存のコーキングを撤去して新たに打ち替える必要があります。

外壁のコケやカビ

コケやカビがたくさん確認できました😯

外壁のコケやカビの原因

・日当たりが悪い
・風通しが悪い
・湿気が溜まりやすい、結露を起こしやすい場所

風通しが悪く、日の当たらない場所にはコケやカビが発生しやすいです。

外壁にシリコン塗料やフッ素塗料が塗られていれば、塗膜に防カビ機能があるので、コケやカビが付着しづらいですが
それでもカビがつくことはあります。
コケやカビはわずかな水分があれば繁殖します。外壁は、わずかなデコボコがあるので水や汚れがたまりやすく、
カビもコケも繁殖しやすいのです。

専用の高圧洗浄機などでの洗浄が必要です。

ご依頼を頂き施工させていただくことになりました🤗
また、施工が開始しましたら掲載していきます💕

0120-910-660