足立区の屋根 外壁リフォーム専門店 合同会社テット・ワン

塗装メンテナンスによりマイホームを長持ちさせよう

こんにちは!
足立区の屋根・外壁リフォーム専門店
合同会社テット・ワンです。

建物には寿命があり、新築で購入したマイホームもいつかは傷んで美観を失います。


一般的には外壁は10~15年で1度塗り替えが必要になります。雨風、紫外線にさらされている屋根や外壁にはメンテナンスが必要です。屋根塗装・外壁塗装でメンテナンスをしましょう。

塗装に使用する塗料は大半が10年で耐久性が衰えはじめますので、外壁や屋根の塗装で塗り替えるタイミングも約10年目が理想とされています。劣化した屋根・外壁は塗装により美観だけではなく防水性も高めてくれます。外壁の目地に注入されているコーキング剤、玄関ドアやサッシ周りなども劣化し、ひび割れなどで防水効果も低下します。

雨戸や雨樋、換気フードなど付帯設備、これらも一緒に塗装をすることがほとんどです。


美観を取り戻せるだけはなく、足場代もかかるので一緒のタイミングが最適です。つまり、外壁や屋根・付帯部とすべてを別々に工事をすると、足場代もその都度発生してしまうので、一度にすることにより足場代が1度で済むのです。

何度もメンテナンスを行って余計な費用を発生させないためにも、家のメンテナンスはできるだけ全体を同じタイミングでまとめて行うとよいでしょう。

メンテナンスにで家を大切に

定期的なメンテナンスは家を長持ちさせます。
劣化を放置するとさらに劣化を促進することにつながります。外壁のカビやコケの放置すると老朽化が進みます。サッシ廻りの雨だれを放置すると腐食につながり雨漏りの原因になったりします。また、詰まったままの雨樋をそのままにしておくと雨水が正常に排水されずに外壁の傷みを促進させます。大きなトラブルになると多額の費用もかかるため一度チェックしてみてくださいね。

0120-910-660