足立区の屋根 外壁リフォーム専門店 合同会社テット・ワン

一戸建ての外壁や屋根の劣化☆ビフォー&アフターですぐわかる!

足立区の屋根・外壁リフォーム専門店
合同会社テット・ワンです。

一戸建て(一軒家)の外壁や屋根の劣化は新築から約10年~15年で見え始めてきます。
今日は、外壁や屋根の劣化を補修し、そのビフォーアフターをご紹介。
ぜひ、参考にしてみてください☆

ご自宅にもこのような症状はございませんか?
気になる方はぜひご相談してください☆

外壁のひび割れ

外壁は時間の経過とともに劣化が生じます。外壁のひび割れの主な原因は、経年劣化や車や電車などの振動、または地震などがあります。0.2~0.3mm程度のひび割れをヘアークラックといいますが、比較的小規模なもので構造自体には影響を与えないため、経過観察でもかまいません。しかし、時間とともにひび割れが進行する可能性もあるので、定期的にひび割れが大きくなっていないかチェックが必要です。また、この段階で早々に補修してしまえば大きくなる可能性は避けられるので良いでしょう。

目地コーキングの劣化

外壁の目地は紫外線や湿気などにより経年劣化します。建物の伸縮により目地に亀裂が生じたりします。劣化を放置すると雨水が浸入し雨漏りの原因になるため、目地のコーキングの打ち替えをお勧めします。

外壁のコケやカビ

雨が降り太陽が当たらない側の外壁は湿度があがりすぐにコケやカビが繁殖します。コケが発生するとさらなる劣化が生じます。業者が使用する専用高圧洗浄でコケやカビを除去し新しく外壁塗装してください。

屋根材の色あせや破損

屋根材の色あせは塗膜が傷んでいるためさらに屋根の劣化を促進させ、放置すると他の症状などが出てきて雨漏りにつながる可能性があります。早めの塗り替えをお勧めします。また、屋根材の破損がひどい場合には屋根の葺き替えをお勧めします。古い屋根材の上に新しい屋根材をはるカバー工法は通常の葺き替えに比べて費用を抑える事ができるのでご相談ください。

バルコニーの劣化

屋根がついているものがベランダ、屋根がついていないものがバルコニーといいます。ベランダやバルコニーは建物から出っ張っているため雨にさらされ、また太陽の紫外線にあたり劣化しやすい場所です。バルコニーに施された防水層が劣化し、それを放置すると雨水が内部へ侵入し雨漏りが発生します。劣化がみられる場合は早めに防水工事をしてください。

瓦屋根の漆喰(しっくい)の劣化

屋根材の中でも瓦屋根は耐久年数が長いですが、瓦屋根のズレや雨風の浸入を防いでいる漆喰(しっくい)は直射日光や寒暖差、雨風により15年~20年で劣化し痩せてきます。劣化してくると漆喰は硬くなり割れたり崩れてきたりします。その隙間から雨水が浸入し雨漏りの原因になります。雨漏りが発生すると屋根の下地の補修が必要になる可能性もあり多額の費用がかかります。漆喰(しっくい)の補修は劣化がひどくなる前にすることをお勧めします。

さて、お住いの色々な箇所での劣化をご紹介してきました。
現在お住いの建物は大丈夫でしょうか?

一度、ご自宅のチェックをしてみてくださいね♪
今日ご紹介したような症状が出ている場合はぜひご相談ください☆

補修が必要かどうかも含めてご自宅にチェックに伺います。(もちろん無料です☆)

0120-910-660