足立区の屋根 外壁リフォーム専門店 合同会社テット・ワン

付帯塗装の重要性

こんにちは☆

合同会社テット・ワンのC.Sです😄

今日はどんよりくもり空☁ですね~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の朝の通勤🚴

でも暖かいですね🥰

 

 

 

今日は付帯部(雨樋・雨戸・鼻隠し・破風板・霧除け・水切りetc)塗装の重要性について

 

外壁や屋根だけしっかり塗装しても、付帯部の劣化を見過ごすと建物の防水性は上がりませんし、塗装後の美観も損ねてしまいます。

 

 

 

●付帯部塗装で建物の劣化を防ぐ
●付帯部もセットで塗装すると仕上がりの品質が向上する

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨戸や窓サッシ、雨樋は目立つ箇所に設置されていますので、これらの塗装を省くと非常に目立ってしまうでしょう。

 

例えば雨樋の破損を放置すると、屋根からの雨が外壁に直撃してしまい、外壁の塗膜の劣化が早くなってしまいます。

さらに、雨が一箇所にまとめて排水されなくなり、敷地の周りや隣家に飛び散ってしまうこともあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一見重要性が低そうに見える軒天は、雨水が当たらないからと放置しやすい箇所です。

台風や強風を伴う大雨でいつのまにか腐食していることもあり、放置すると外壁への漏水を招いてしまうでしょう。

 

 

 

このように、付帯部の多くは建物の防水性を維持しているのです。

外壁や屋根が塗り替えられてピカピカになっても、付帯部が古いままだとそこだけ目立ってしまいます。

満足な仕上がりにするためには、付帯部も忘れずにしておくことが肝心です😉

 

 

 

 

 

 

 

0120-910-660